早期発見が鍵|症状で見分ける更年期障害|笑顔をサポート

症状で見分ける更年期障害|笑顔をサポート

早期発見が鍵

先生と患者

遺伝子に異常が起きたもの

肺がんとは、肺胞や気管支、肺の気管などの細胞が一部がんになって発症したものです。原因は遺伝子の異常がありますが、生活習慣も要因となり特に喫煙者の場合肺がんになる確率は非喫煙者よりも高い傾向にあります。その他にも、職業柄有害物質を扱う仕事をしている人は肺がんになるリスクが高いです。がんは、一度できるとどんどん進行して広く深く組織に浸透して様々な臓器に広がりリンパや血液に乗って体全身に広がることになります。肺がんにも種類があり、非小細胞型と小細胞型があり非小細胞型には肺の奥に出来る腺がんや大細胞がん、肺の入り口に出来る扁平上皮がんなどがあります。小細胞型には、肺の入り口に出来やすい小細胞がんがあります。

外科手術を受けること

肺がんの治療には色々とありますが、外科手術を受けることが一番の治療法であると言えます。外科手術は、がん化した一部の組織を切除して体から完全に切り離すことで完治が望める治療法になります。他の治療法は、一時的に症状を和らげたり改善することは出来ても寛解という状態でいつまた再発したり症状が悪化するかはわからない状態になります。奇跡的に回復したとしても、完治と呼べるようになるまでは長い道のりがあります。外科手術であれば、ほとんど根治治療となるので唯一がんを根本的に治療できる選択であると言えるでしょう。外科手術という治療法を選択するには、体力があり早期発見をして早めに治療を行っていくことが大切になります。