症状で見分ける更年期障害|笑顔をサポート

誰でも経験するもの

頭を触る女性

更年期は誰にでも訪れるものです。一般的に、閉経を迎える5年前後のことを更年期といいます。日本人女性での平均的な閉経年齢は50歳くらいと言われていますが、近年では初潮が早いこともあり閉経の年齢も下がってきています。更年期障害の症状として、ホットフラッシュや発汗が代表的なものとされています。その他にも自律神経失調症のような症状や精神的な症状があります。更年期障害かもしれない場合は、専門医で血液ホルモン検査を受けるのがおすすめです。更年期障害にも個人差があって、ホルモン分泌のバランスが崩れたことに敏感に反応する人は症状が重くなりがちです。また更年期障害には色々な症状があるので、それを他の病気と間違わないことも大切です。

女性ホルモンのエストロゲンを分泌しているのは、脳の視床下部にある下垂体という場所です。それが更年期になることによって、分泌が衰えて体調不良が起こります。この視床下部は、自律神経にも関わりが大きいために、更年期障害と自律神経失調症で似ている症状が起きてしまいます。またサプリメントによっては、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする成分を含んでいるものもありますので、それらを摂取するのも効果的です。症状が軽い場合は、自分で食生活などに気を配って様子をみてみるのも一つです。日常生活が普通に出来ないなど、症状が重い場合は病院での治療が必要です。ホルモン補充療法というものや、漢方療法があります。

早期発見が鍵

先生と患者

肺がんは、遺伝子に異常が起きそれが癌化して肺に出来たものになります。外科手術を受けることで、根治治療が可能となりますがその為には体力がある状態で早期発見をして治療を早めに始めていくことが何より大事です。

More Detail

Recommended

  • 健やかな毎日のための更年期障害ガイド

    更年期障害の症状には様々な種類があります。健康的な日常を取り戻したい方は詳細をチェックしてみると良いですよ。

骨のがんの治療法

手

初期症状が筋肉痛と似ている骨肉腫は20代以下に多い骨の原発性がんで、進行すると肺にも転移します。かつては治療のために四肢の切断を免れませんでしたが、手術技法の進歩により現在では四肢温存療法が基本です。骨肉腫には抗がん剤が効きやすいため、手術との併用で5年生存率が大きく向上し再発率も低下しています。

More Detail

関西屈指の多さ

診察

大阪の中心地である梅田は住民の人数が多く、その分病院が充実しています。その中でも最も多い内科は梅田駅の周辺だけでも10以上あり、アクセスのしやすさが人気の秘密です。口コミサイトも多いため、自分に合った病院を選ぶことが出来ます。

More Detail